LogSukeシリーズ

logsuke_top

LogSukeシリーズは特化型のデーターロガーです。

温湿度/熱電対/電流/電圧/気体濃度などの各種センサー類と接続することができ、多様な現場でデーターを計測記録できる「多機能データロガー LS1000」。

親機1台に対して最大16台の子機が無線接続することができ、複数個所の温湿度を一括管理することができる「無線温湿度ロガー LS2000」。

防水構造が備わり、マイナス40℃もの低温(氷点下)環境でも温度と湿度の測定記録が可能な「低温対応 温湿度ロガー LS3000-TH」。

携帯電話(LTE)回線を利用してインターネット上のサーバーにデータを保存するため、温湿度データの遠隔監視ができる「クラウド対応 温湿度ロガー CL500-TH」を取り揃えております。

低温対応 温湿度ロガー LS3000-TH

低温対応 温湿度ロガー LS3000-TH

低温、防水対応 温湿度データロガー LS3000-THは、-40℃の低温環境において計測可能な温湿度データロガーです。 また、防水構造となっており様々な測定場所で使用することができます。 省電力設計により、長時間の記録が可能です。 内臓時計により、計測データは日時と共に記録されています。

詳しくはこちら

クラウド対応 温湿度ロガー CL500-TH

クラウド対応 温湿度ロガー CL500-THは、携帯電話(LTE)の回線を使用することにより、『計測したデータをインターネット上のサーバー(クラウド)に保存することが可能な無線温湿度ロガー』です。クラウド上のデータへのアクセスはネット環境があれば、何処からでも行うことができます。
内部メモリを搭載することにより、通信障害が発生した場合でも測定データを損失することはありません。

詳しくはこちら

多機能データロガー LS1000

LS1000_多機能ロガー

多機能データロガーLS1000は外部に多様なセンサーを接続することができるデータロガーです。(温湿度センサー、熱電対センサー、電流センサー、電圧センサーを本体と同時リリース。) 液晶表示部、操作スイッチを搭載しておりどのような環境でも容易に計測記録が出来ます。多機能データロガーLS1000を使用することで、多様な現場でのデータを計測記録することが出来ます。

詳しくはこちら

無線温湿度ロガー LS2000

無線温湿度ロガー LS2000

無線(ワイヤレス)温湿度データロガー LS2000(親機)は、温湿度センサー(子機)を複数台ワイヤレスで接続できる温湿度データロガーです。ルータを使用することで最大16台の子機がワイヤレス接続可能になります。また、親機でデータ記録するだけでなく、子機にも記録機能を搭載することにより通信障害が生じてもデータの消失がありません。

詳しくはこちら