データロガー(LogStickシリーズ)の電池交換方法をご説明いたします。

写真や動画では、「小型温度データロガー LS450-T(K)」を使用しておりますが、
他のLogStickシリーズにつきましても参考になりますのでご覧ください。

 

電池交換が必要な状況

下記のような状況の場合は、
電池交換が必要になりますので、本記事を参考に電池交換を行ってください。

 

 

データロガー(LogStickシリーズ)をご購入時

ご購入いただいたデータロガー(LogStickシリーズ)には、あらかじめ電池が入っています。

ご購入時に入っている電池はテスト用の電池なので、使用する際には必ず新しい電池と交換して下さい

 

『電池状態LED』が点滅している場合

赤色のLED(電池状態LED)が点滅している場合は、電池の交換が必要です。
下記写真の位置が「電池状態LED」になります。

LS450-T(K)_電池状態LED

写真:小型温度データロガー LS450-T(K)

 

電池電圧が低下すると、3秒間隔でLEDが点滅します。
記録中の場合、電圧低下を検出すると現在のログ記録が終了されます。
電池を交換して、再度、設定を行ってください。

 

LogStickの各部名称

『小型温度データロガー LS450-T(K) 』各部の名称と説明

 

『小型温湿度データロガー LS350-TH』 各部の名称と説明

 

長期間のデータを記録する場合

長期のログ記録の前にはあらかじめ電池の交換を行ってください。
電池電圧が2.5V以下になるとログ記録の操作はできなくなります。

 

電池電圧確認方法

  • アプリケーションの「LogStick操作パネル」にて確認。
  • LogStickの「モードSW」を長押しすることで、設定モードに入ります。
    「モードSW」を押すごとに、下記のように変化しますので、「電池電圧確認」にて確認。

時刻設定

記録間隔設定

記録の開始/終了設定

電池電圧確認

 

上記のように、2通りの電池電圧を確認する方法がありますが、
目安となりますのでご注意ください

 

電池交換方法

LogStickの電池交換準備


電池交換には、

  • プラスドライバー
  • 絶縁物の楊枝など
  • 新しいボタン電池(CR1220又はCR1225)

をご用意ください。

 

電池交換動画

動画ライブラリーにて動画をご用意しております。
電池交換の参考にして下さい。

LogStickシリーズ 電池交換手順動画

 

注意事項

  • 本機は精密機器です。静電気による誤操作、故障にご注意ください。
    本機に触れる前には金属等に触れ、必ず静電気を逃がすなどの対策を行ってください。
  • 電池交換によるデータの消失はありませんが、あらかじめデータのダウンロードを お勧めします。