LogStick®シリーズの小型温湿度データロガー LS350-THは、温度と湿度を一定間隔で測定し記録することができます。

低消費電力技術を採用したデータロガーのため、ボタン電池(CR1220又はCR1225)での動作が可能となり、小型で長時間、温度と湿度の記録ができる特徴があります。

本日は、『小型温湿度データロガー LS350-TH』の各部の名称と簡単な説明をさせて頂きます。
さらに詳しい説明が必要な場合は、取扱説明書をご確認ください。



『小型温湿度データロガー LS350-TH』の各部の名称と簡単な説明

小型USB 温湿度データロガー LS350-TH 各部の名称


小型USB 温湿度データロガー LS350-TH 各部の名称



① モードSW

設定や状態の確認を行います。


モードスイッチを押して温度と湿度の確認

LogStickの状態によって異なる表示になります。

<記録動作なし>の場合

現在の温度と湿度が表示されます。

<記録動作中>の場合

最後に記録した温度と湿度が表示されます。
また記録中はLCDに記録動作中を表すマークが表示されます。

LS350-TH  LCD記録動作


↑↑↑LCD左上の黒丸印が記録動作を表すマークです。



モードスイッチの長押しで『設定モード』

設定モード中にモードスイッチを押すと、「時刻設定」→「記録間隔設定」→「記録の開始/終了設定」→「電池電圧確認」の順に変化します。

LS350-TH  LCD記録動作


↑↑↑設定モード中の動作イメージです。

<注意>
設定モードは、10秒間操作しないと自動的に終了します。
パソコンに接続中はスイッチ操作ができません。

② 設定SW

下記の設定で使用します。
(詳しい設定方法は、取扱説明書をご確認ください 。)

  • 時刻設定
  • 記録間隔設定
  • 記録の開始/終了設定
  • 電池電圧確認

③ 表示確認SW

スイッチ操作により、常時LCDが表示されます。(USBコネクタ側にスライド)
LogStickの状態によって異なる表示になります。

<記録動作なし>の場合

常時温度と湿度が交互に表示されます。

<記録動作中>の場合

常時記録点数が表示されます。

<注意>
LCDの常時点灯は急激に電池容量を消耗します。
通常は必ず「消灯」にてご使用ください。

④ 温湿度センサー

温湿度の測定を行います。
この部分をふさがないで下さい。

弊社では校正サービスを行っておりますので、センサーの測定精度確認にご利用いただけます。
また、ご希望により内蔵の温度センサーを交換することも可能ですので、お気軽にお問合せ下さい。

⑤ LCD

動作状態、温湿度等の確認が可能です。

⑥ USBコネクタ

パソコンと接続します。

<注意>
パソコンに接続中はスイッチ操作ができません。

⑦ 記録LED

緑・・・温湿度の記録時に点灯します。

⑧ アラームLED

橙・・・上限温度または下限温度の異常発生時に5秒間隔で点滅します。

⑨ 電池状態LED

赤・・・電池電圧の低下時に3秒間隔で点滅します。

<注意>
データ記録中に点滅した場合は、記録が停止しています。
電池を交換して、再度、記録を開始してください。

⑩ PC接続LED

緑・・・パソコンとの接続時に点灯します。



『小型温湿度データロガー LS350-TH』のお買い求めはAmazon、もしくはこちらよりお問い合わせください。