• システムのディスプレイ(旧型モニター)が故障したので、液晶モニタに交換したい。
  • 特殊な規格の映像信号を標準的なディスプレイで表示させたい。

など、お困りではありませんか?

RGBアナログ入出力スケーラ C5111を使用すれば、
制御装置の買い替えが必要なく、新しい液晶モニターに交換が可能です!

 

最小限のコストで問題を解決!

C5111の機能について

 

古い制御装置から出力される映像信号(画面情報)は、現在使用している機器からの映像信号とは違います。
現在の液晶モニターに交換する場合、制御装置から出力される映像信号を変更する必要があります。

ディスプレイの故障が原因で「制御装置、実験装置、工作機械」などのシステム交換を迫られている場合、『RGBアナログ入出力スケーラ C5111』を是非ご検討ください。

最小限のコストで新規の液晶モニターやPDPの使用が可能になり、システムの交換を回避することができるかもしれません。

お気軽に弊社まで、お問い合わせ下さい。

詳細

  • VESA規格外やシステム固有の特殊な映像信号をVESA規格の標準信号に変換することができます。
  • システム更新が不要で旧式モニターを液晶モニターに交換することができます。
  • アナログRGB(HV、CS、Gon S)の入力ができます。(出力はアナログRGB HV syncのみ)
  • 小型、軽量で機器の邪魔になりません。
  • 追い越し防止処理により動画映像を入力した場合でも出力映像が乱れることはありません。
  • 映像の切り出し、拡大、縮小、トリミングが可能です。
  • 入力信号が切り替わっても自動的にタイミングを測定し映像を出力します。
  • インターレース映像信号も入力可能です。
  • 調整した内容はユーザーメモリに最大50個まで登録することができます。
  • 1600x1200@60Hz(162MHz)まで入出力の対応可能です。
  • VESA標準規格信号がプリセットタイミングとして標準で内蔵しています。(ドットクロック162MHzまで)

用途

  • PC―9801など旧PCの映像をLCDモニターで表示。
  • 長期稼動によるモニター劣化、故障時に市販モニターへの置き換え。
  • 特殊規格の映像信号を標準的なモニターで表示。
  • 入力信号の範囲が狭いモニターをマルチスキャン モニター化する。

その他

その他、詳しい仕様はこちらをご覧ください。