小型USBデータロガーLogStick®シリーズの専用ソフトウェアは、どなたでも簡単にデータロガーの動作設定や記録したデータを取込み、グラフ化することが出来るソフトウェアです。

簡単な操作で『CSVファイル保存』や『印刷』が出来ますので、記録データの解析作業にご使用ください。



LogStick®シリーズの簡単操作方法

簡単にパソコンと接続できるUSBデータロガー

小型USBデータロガーはパソコンのUSBポートに直接接続できます。
直接接続が出来る為、専用のデータ収集器や通信ケーブルは不要です。

LS350-THをUSBに挿入



簡単にデータロガーの動作設定、測定が出来ます

アプリケーションを立ち上げ、LogStickをパソコンのUSBポートへ接続すると、自動的にLogStickが認識されます。

アプリケーションソフト上で接続エラーがでる場合は、『温湿度データロガー LS350-TH』のよくあるご質問を参考に、設定をお願い致します。

LogStickシリーズのアプリケーション画面

↑↑↑ 【記録開始/予約登録】をクリックすると「記録開始」ダイアログが表示されます。

LogStickの記録設定

↑↑↑ 「記録開始」のダイアログです。

※『予約なし』の場合と『予約あり』の場合では、最初の記録データに違いがありますのでご注意下さい。


予約なしの場合

LogStickの記録開始

↑↑↑ 記録間隔の設定を行い【記録開始】をクリック

1点目の記録データは記録開始をクリック後、記録間隔で設定した時間経過後になります。


予約ありの場合

LogStickの記録予約
↑↑↑ 予約記録間隔の設定を行い【記録開始】をクリックすると記録開始(予約登録)が完了します。

1点目の記録データは予約を行った記録開始日時になります。


記録の終了

LogStickシリーズのアプリケーション画面

↑↑↑ 記録を終了する際は、【ダウンロード】をクリックすると自動的にデータがダウンロードされます。



記録データを簡単にCSVファイルに保存

温湿度ロガー LS350-TH_ダウンロードデータ一覧温湿度ロガー LS350-TH_ダウンロードデータグラフ

↑↑↑ アプリケーション画面でデータ一覧グラフの確認ができます。




LogStickのCSVデータ

↑↑↑ データロガーに保存された記録データは簡単操作でCSVファイルに保存ができます。
EXCELでファイルを開くことが出来るので、記録データの活用の幅が広がります。



小型USBデータロガー専用ソフトウェア

小型USBデータロガーLogStick®シリーズの専用ソフトウェアは、ホームページより無償でダウンロードすることが出来ます。
下記アドレスのソフトウェアダウンロード 入力フォームよりお願い致します。

http://www.omc-ltd.co.jp/downloads/